JOHN SMEDLEY ジョンスメドレー

72 件中 72 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)は、ファインゲージニットウェアをリードするブランドとして世界中にその名を知られているブランド。

同社はピーターナイチンゲールと彼の共同経営者であるジョン・スメドレーによって、1784年にダービシャー州マトロックのリーミルズに設立されました。村を流れる小川にかかるリーブリッジ付近は、動力と一定の流水が手に入るということで、理想的な工場の場となりました。設立当初は、綿花の紡績と生地造りに専念していました。18世紀の終わり頃には、その活動を編み物や靴下製造にまで広げ、この頃には、ナイチンゲール家は会社の資産を一部保有していたものの、ジョン・スメドレーが単独で工場を運営するようになっていました。1819年にジョン・スメドレーの息子であるジョン2世が工場で見習いとして働き、6年間の修行を経た後、24歳で経営を継ぎました。優れた行動力と先見の明を持ち、”製品を完全に仕上げるために必要な全行程は一貫してこう場内で行い、原料には最上級の品質を用いるべき”という理念を掲げて工場の近代化と拡大を図りました。これらの方針が会社の成功の基礎となり続けています。有能な職人を増やし、今なお当時に職人達の子孫にあたる若い世代が工場で働いています。ジョン2世は慈善事業にも強い関心があり、なかでも水治療(水を内容/外用する病気治療)に関しては、世界中から訪れる患者の為にスメドレー水治療病院をマットロックに設立しました。1880年まで一族で住んでいたリバーキャッスルも、彼の建設によるものです。1875年に亡くなったジョン2世には後継者がおらず、事業は従兄弟であるJ.T.マーズデン・スメドレー(ジョン3世)が引継ぎました。彼が1877年に亡くなると、会社は、息子のジョン.B.マーズデン・スメドレー(ジョン4世)に引継がれました。 ジョン4世は、会社の拡大をこれまで以上に進め、70年に渡って会長の職につきました。この間、最新の編み機を導入し、下着の生産から、スイムウェアやナイトウェアへの取り組みに事業を拡大しました。このことが基礎となりニットウェアを海外市場へ進出させることになりました。同社は、220年経た今でも変わらぬ場所にあり、事業の成長を支えてきた家族の大切さを継承しています。

品質

ジョン・スメドレーは、厳選された最高品質の原材料のみを仕入れる比類ない実績を持っています。同社の製品は、ニュージーランド・メリノウールとジョンスメドレーズ・シーアイランドコットンという2つの素材から生産されています。同時に更なる高級への取り組みも試みています。 ジョン・スメドレーは、他社では真似の出来ない工程で、30ゲージという超軽量な編み目の細かいニットウェアを生産しています。本物の高級ニットの証である完璧できれいなつなぎ目に仕上げるために、ボディー部分と袖は手作業でひと針ひと針つなぎ合わされます。 編みあがった製品は、マットロック地区の豊かな水源からの水を使用し洗浄されますが、これは特有の柔らかな肌触りを製品に与える上で、重要な工程となります。程よいフィット感と形を確実に出すために3段階のプレスをし、ジョン・スメドレーのラベルをつける最終工程まで手作業で行います。

NEWZEALAD MERINO WOOL

ジョン・スメドレーは、厳選された最高品質の原材料のみを仕入れる比類ない実績を持っています。同社の製品は、ニュージーランド・メリノウールとジョンスメドレーズ・シーアイランドコットンという2つの素材から生産されています。同時に更なる高級への取り組みも試みています。 ジョン・スメドレーは、他社では真似の出来ない工程で、30ゲージという超軽量な編み目の細かいニットウェアを生産しています。本物の高級ニットの証である完璧できれいなつなぎ目に仕上げるために、ボディー部分と袖は手作業でひと針ひと針つなぎ合わされます。 編みあがった製品は、マットロック地区の豊かな水源からの水を使用し洗浄されますが、これは特有の柔らかな肌触りを製品に与える上で、重要な工程となります。程よいフィット感と形を確実に出すために3段階のプレスをし、ジョン・スメドレーのラベルをつける最終工程まで手作業で行います。

COTTON

ジョン スメドレーのSPRING&SUMMERのほとんどの製品には、JOHN SMEDLEY'S SEA ISLAND COTTONと呼ばれる世界的にも評価の高い最高級綿が使用されています。 JOHN SMEDLEY'S SEA ISLAND COTTONは、栽培がとても難しく、相応しい気候、適度な土壌、正しい農芸技術とこれらの条件が揃った所だけに生育します。 その綿から取れる繊維1本の長さは35mm以上ある「超長繊維綿」であり、細さも1/100mmほどとシルクに次ぐため、コットンの中でも最上級な天然素材として珍重されています。 16世紀後半に西インド諸島を領有していた英国エリザベス1世が、その品質を高く評価し、長年にわたり門外不出にしてしまった歴史があるほどです。 ジョン スメドレーは、長年に渡りこの貴重なコットンの長い繊維部分のみを厳選して使用し続けており、通常のニットよりも数段きめ細かく編み上げ、JOHN SMEDLEY'S SEA ISLAND COTTON特有の感触をより繊細なものにしています。 その肌触りは軽く、柔らかく、シルクのような光沢と滑らかを持ち、肌にしっくりと馴染みます。 通常の綿に比べて天然の撚りが抜きんでて多いため、空洞が多く、汗などの湿気をたくさん吸いとります。 また繊維が長く撚り同士が絡み合っているため丈夫です。 JOHN SMEDLEY'S SEA ISLAND COTTONは、シルクのような光沢とカシミアのような肌触りを併せ持つ 最高級天然素材です。触れていただければすぐにそのすばらしさを実感できることでしょう。