長年に渡りディアドラヘリテージのトップに君臨してき”equipe h canvas stone wash - エキップ キャンバス ストーンウォッシュ”ですが2019年の春夏にマイナーチェンジすることが決定いたしました。

とは言えマイナーチェンジですので大きく変わるわけではございません。


変わるのは二箇所のみ

①ヒールの刺繍が左右合わせて1975になる

②タンの厚みが増し、コンパクトに。刺繍ではなく一枚被せるデザインに。

③ライニングがストライプから無地になりインソールが外せなくなる

大まかに分けてこの3点のみです。メーカーからサンプルを借りたので画像をご覧ください。

正直画像を見ても「全然変わって無いのでは?」と思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。正直さほど変わりません。特に全体の雰囲気は何ら変わりません。

しかし品番が変更されることで現行モデルは廃盤モデルとなります。この廃盤という響きですが古いモデルと捉えるべきなのか、それとも希少モデルと捉えるべきなのか。これは人それぞれかと思いますが、一つ言えることはよりヴィンテージな雰囲気がお好きな方は迷わず前者の廃盤となるモデルをお選びください。これを強くおすすめいたします。


なぜ廃盤モデルのほうがヴィンテージ色が強いのか?

ご存知かと思いますがディアドラヘリテージとは往年のモデルを元に復刻したスニーカーです。ヴィンテージ調に仕上げるため”ストーンウォッシュ”と言われる加工が施されています。吐口のスレや全体的に洗いがかかった様はこの特殊加工の為。これによって当時の雰囲気を忠実に再現しています。新品のスニーカーっておろしたての時は何故かコーディネイトと馴染みが悪くどこか恥ずかしい時が無いですか?しかしdiadora HERTAGEのスニーカーはおろしたその時からすぐに馴染む。これこそが愛される理由の一つ。


ではそのストーンウォッシュですがマイナーチェンジ後に変わるのかというと変わりません。しかし当時のデザインの近づけるためのヒールとタンの刺繍は変わってしまいます。このより寄せたデザインが変わり少し今風なデザインに変わってしまうのがマイナーチェンジ後のモデル。先程もお見せいたしましたが特にヒールはどことなく今っぽくないですか?向かって左が「19」、右が「75」、合わせて1975に。これも好き嫌いは人それぞれです。


しかし!今BEKKU HOMMEで定番モデル、定番カラーであるエキップ キャンバス ストーンウォッシュをお買い上げいただくとなんと!20%OFFにてお買い上げいただけます!


一番人気 ネイビー×ホワイトが20%OFF!

上記画像にある定番モデル&カラー+αがなんと全て20%OFFに!これまで同ブランドのセールは度々行ってまいりましたが、定番モデル&カラーは毎シーズンリリースされることもありセール対象外となっておりました。しかも一番人気のネイビーホワイトのキャンバス、スエードモデル。もちろんこれらも対象です。更に店頭にてお買い上げいただいたお客様には更にお得な特典をご用意しております。

2万円オーバーのスニーカーってなかなか手が出ないですよね。私も躊躇します。しかし2万円アンダーとなれば話は別。ディアドラエントリーモデルを初めて手にされる方はもちろん、買い替えをご検討されている方も是非この機会をお見逃し無く。

※当店で扱うdiadora HERTAGEは全て日本総代理店である株式会社DMR(旧ディアドラジャパン)から仕入れている正規品です。

※数に限りがございますので無くなり次第終了となります。