あの”クリロナ”が愛用!

世界的な有名ファッション雑誌 VOGUEやELLE、marie claireなどのハイファッションの紙面を飾ることが多く、このスニーカーブームの波の中でも一際異彩を放つ、イタリア・ミラノ発のラグジュアリーシューズブランド”ALBERTO GUARDIANI - アルベルト ガルディアーニ”。セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属の長友 佑都選手や、芸能人の香取慎吾氏。パンツィッタ・ジモーラモ氏がプライベートでも愛用し、ちょくちょくLEON誌上でも見かけるこのスニーカー。そしてスポーツ界の中でもファッショニスタとして最も影響力がある選手である、サッカークラブチーム レアル・マドリードの絶対的エース “クリスティアーノ・ロナウド”選手も愛用していることが、Instagramの投稿から判明致しました!名だたる著名人が最近愛用しているこのOnesoulシリーズ。何がそんなに魅力的なのか下記にてご説明させていただきます。



ALBERTO GUARDIANI Onesoul(ワンソウル)シリーズとは?

Onesoulとは、40代から50代の男性には欠かせない、ラグスポをテーマに、ラグジュアリーなシューズコレクションを世に送り出す事で知られる”アルベルトガルディアーニ”から発表された新シリーズのこと。大人の遊び心を感じさせるデザイン性の高さを得意としている同ブランドだけに、独創的なデザインに仕上がっています。もちろん履き心地の面でも、カップインソールを備えるなど、余念なし。モードな雰囲気なブラックのアッパーに、甲を覆う大きなベルクロ。そしてヒール部分のレッドがアクセントとなり、どことなく近未来の雰囲気が漂っています。



18SSラインナップの中でも、BEKKU HOMMEが最もオススメするシューズ


バイヤーの林いわく、このOnesoulシリーズ、イタリアで行われた靴見本市”MICAM - ミカム”の中でも、【18SS - 18AWの主役】と言わんばかりの話題性があり、現地メディアがこぞって取材に訪れていたとの事です。実はここ日本では、全くと言っていいほどお目にかかることが出来ない大変珍しいブランドで、MICAMに足を運び、オーダーしてこない限り、仕入れることが出来ないブランドなのです。更にこのOnesoulシリーズとなるとなおさら。