Sarto Recamier サルトレカミエ

Sarto Recamier
サルトレカミエ

|

  • 創業/拠点 : 日本

シュートリーの最高峰を目指す「Sarto Recamier(サルトレカミエ)」

靴の形状に適した立体美を追求し、さらに機能性の高いシュートリーをご紹介しその素晴らしさを体感して頂きたい。そんな思いを実現したシュートリー・シューキーパーブランド「Sarto Recamier(サルトレカミエ)」。Sartoはイタリア語で「仕立て屋・仕立て人」、Recamierは歴史上最も美しいと云われた人物名に由来する「歴史上最も美しい靴木型を作る仕立て屋」という意味を込めて名付けられました。様々なシェイプの靴に適合するため、研究しつくした形状、豊富なサイズレンジ、それぞれが特色のある素材に加え、メイドインジャパンの最高峰シュートリー・中田靴木型製作所の技術とこだわりが凝縮したハンドメイドシュートリー「NAKADA LAST × Sarto Recamier」まで、シュートリーの最高峰を目指したブランドです。シューキーパー・シューズキーパーはその形状が生命線です。どちらのシリーズも踵(カカト)部分の作りにこだわりました。靴の踵芯(月型)を広げてしまわないよう、踵部分は丸みを持たせつつ、シャープに絞り込みました。これにより広がりやすい履き口を綺麗に整え、フィット感を維持することができます。

バーチ(BH タイプ)

日本では樺の木と呼ばれるバーチは、薄い自然な色、鮮やかな木目とキメ細かい仕上がりが特長の木材です。経年変化による色の変化などが出にくく、リーズナブルな価格も魅力のひとつです。

シダー(CR タイプ)

ウッドデッキ等にも使用されるレッドシダーは、高級木材のひとつ。柔らかな触り心地と独特のさわやかな香りが最大の特徴です。(弊社の除湿剤シダードライにも使われている木材です。) 経年変化により多少色が変化してしまいますが、素仕上げであるため靴の中の吸汗・吸湿に優れ、紙やすりで軽く削って表面をきれいな状態にすることもできます。