MAURO GRIFONI マウログリフォーニ

4 件中 4 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

モダンな先見とコンテンポラリーな感性でコレクションをつくりだす

MAURO GRIFONI(マウログリフォーニ)は1992年、手作業主体のシャツからスタートしました。高い完成度へのこだわりから、伝統的なクラフトマンシップを継承しつつも、モダンな先見とコンテンポラリーな感性でコレクションをつくりだしています。現在では、トータルルックをスタイルにすることに成功しました。 メンズ・ウィメンズウエアのクリエイティブディレクターはイラリア・セッソが担当しています。そのコレクションは、ビスポークスーツからスウェットシャツ、フェミニンなワードローブやエスニックなものまで、幅広い展開をみせています。

BRAND HISTORY

1992年、ハンドメイドのシャツコレクションを制作し、ブランドとしてスタートする。ブランドのコンセプトは、マスマーケットにおけるトレンドから離れた、確実で洗練されたコレクションを生み出すこと。1997年にはウィメンズのコレクションを発表。2001年、ジーンズ(デニム)ラインを発表。2002年にはアクセサリーを発表する。また同年、フラッグシップショップをイタリア・ヴェローナにオープン。続いてパドヴァ、ブレシア、ベルガモ、トレヴィーゾにもショップをオープンする。2009年、ミラノに3フロア(300平方メートル)のショップをオープン。マウログリフォーニ自身が店舗デザインを監修した。現在、イタリアのみならず、日本、ドイツ、スペイン、オーストリア、スイス、ロシア、オランダ、ベルギー、フランス、ギリシアなど世界中で展開している。