gaimo ガイモ

5 件中 5 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

世界的に有名なエスパドリーユサンダル「gaimo(ガイモ)」

gaimo(ガイモ)は、1978年、Jose Luis Iturriagaによってスペイン北部の町Arnedo(アルネド)でシューズブランドとして創業されました。スイスでの移住生活の後にスペインに戻った若きJoseは、ハンドメイドのエスパドリーユを作ろうと考えます。志高く、野心に満ち、独創的なJoseの手腕によってファクトリーはみるみる成長し、彼の4人の娘たちとともに今日までに大きな成功をおさめています。スペインとフランスの国境近くの町バスクで履かれていた、わらじ風のサンダルが起源になったエスパドリーユは、民族的な履物として愛され、現在ではファッションアイテムとしての注目が高まっています。gaimoが提案するエスパドリーユは、伝統的な技を大切にしたハンドメイドの温もりと、トレンドを程よく取り入れたファッション性が見事に調和しています。リラックスした履き心地とカラフルなデザインが魅力のスリッポン、ウェッジヒールにバックストラップを合わせてフェミニンに仕上げたウェッジサンダル、レザー×ジュートのナチュラルな素材使いが魅力のぺたんこサンダル、スエードレザーを使ったチャッカブーツなど、夏シーズンだけのものと思われがちなエスパドリーユをバリエーション豊かにラインナップし、通年アイテムとして履けるものも多数取り揃えています。日本国内では、人気セレクトショップや新宿小田急百貨店、京急、伊勢丹など百貨店での取り扱いに加え、ファッション通販サイト(ECサイト)でもgaimoのアイテムを手に入れることができるようになりました。また、ファッション誌のシューズ特集に掲載されることも多く、日本国内でもエスパドリーユの老舗としての知名度が高まりつつあります。異素材を組み合わせ、伝統と新しさを上手にMIXすることで、時代に寄り添いながらも今までにないデザインのエスパドリーユを提案し続けるgaimo。カジュアルで気軽に履けるデザインの中に、エレガントさとちょっとした遊び心が織り交ぜられたシューズの数々は、毎日を足元からさらに豊かに彩ってくれることでしょう。