DENTS デンツ

8 件中 8 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

名工ジョン・デントが興した手袋の最高峰「DENTS(デンツ)」

デンツは世界最高級手袋およびその他のアクセサリーを丹念に作り上げて参りました。優れた製法技術を代々受け継ぎ、その職人気質と時代を超越したスタイルは、230年以上大切に培われています。デンツは、1777年に英国の美しい聖堂のある都市ウースターにて、設立者ジョン・デントが初めて一組の手袋をカッティングし自社の名のもと創業しました。革の鑑別と裁断技術において天才的な才能を持ったデンツが作り出す手袋は、手にしていることを忘れてしまうほどのフィット感を持つことから『シークレットフィット』と呼ばれ、名声を博しました。デンツの熟練した手袋カッター(裁断士)になるためには通常7年、マスターカッター(親方裁断士)の下で年奉公します。その年季奉公は現在少し短くなりましたが、資格あるカッターになるには、長年の経験と長期の訓練期間を経て、熟練技術を得る為に必要不可欠な鋭い目と器用な手を養います。もちろんカッティングだけではありません。一組の手袋を作る工程は長く、殆ど手作業で行う32もの違った工程を経て完成されます。ジョン・デントの息子2人もまた15歳の時より7年間、徒弟の年季を勤め、後にパートナーシップによって優れた職人の王朝時代を形成し、その人達がデンツの名を後に世に轟かせることになりました。デンツは、19世紀から20世紀にかけて高級手袋及びアクセサリーの大手輸出会社として、ニューヨーク、パリ、グルノーブル、ブリュッセル、ライプチヒ、プラハ、シドニー、ナポリにある子会社を通じて高級手袋を丹念に作り上げ、各国へ販売していました。この時期、ファッション志向の婦人や紳士達が、あらゆる社交の場で手袋を着用することが非常に大切なことだったことにも由来します。

連綿と受け継がれる伝統を守り続ける

現在デンツ社の工場は、ウィルトシャー州ウォーミンスターという美しい郊外の町に位置し、そこには歴史的な手袋の道具や資料が収められたデンツ博物館もあります。そこに収められた多くのコレクションの中には、18世紀及び19世紀初頭の手袋の数々、デンツ社が1953年に女王陛下ご即位の際にご用達したエリザベス2世の載冠式用手袋など特別な展示品を見ることができます。デンツ社とその職人達は、何世代にも亘りジョン・デントが提唱した技法と心使いの伝統を忠実に守り、非常に繊細な縫い目の美しい手袋を作り続けています。今までもそうだったように、21世紀となった今日でも職人達によって受け継がれながら、デンツは素晴らしい革手袋を丹精込めて伝統の技法で作り上げています。その歴史、そして品質と職人技能に対する不変的なこだわりを大変誇りに思っています。これが手袋の名工、創業者ジョン・デントの不朽の遺産といえましょう。