Paraboot パラブーツ

29 件中 29 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
藤村 広輔 ブログ

悪天候の足元は”パラブーツ”でキマり

革靴好きの方にはイヤな季節になってまいりました。天候が変わりやすいこの季節になると、レザーソールなんてもっての外。とは言え、スニーカーは苦手…。このような方、非常に多いと思います。更に欲を言えば、ドレ... もっと見る

林 貢平 コーディネート
林 貢平 コーディネート

スタイルにかかわりなく、時代の先端を超えた靴である。

Parabootの精神は常に同じです。スタイルにかかわりなく、時代の先端を超えた靴であること。 スタイルは落ちつきがあり、同時にモダン、頑丈で耐久性に富み、現代の男性のあらゆる状況に順応します。 1919年、レミー・リシャールボンヴェールによって創業されたフランスのシューズメーカー。ブラジルのパラから輸入される天然ラテックスを使用して、ラバーソールを含むすべての工程を 自社生産しているのは、世界でもまれな存在。厳しいレザーの素材選びに加え、ノルウェイジャン製法、 グッドイヤー製法のハンドテクニックをはじめとする高度な手仕事により、 細部までこだわり抜いた靴作りを実現している。 パラブーツ社製品の特長としては、防水性、快適性に優れている点が挙げられるが、 それはインソールにコルクを使用したり、裏地にキルティングを施すなどのシューズの 用途に応じた徹底した配慮がなせる業。靴底を張り替えることによって、長く履き続けられる ことも人気の理由だ。近年は、アザラシ革のシューズが話題となったが、頑なに高い品質と 魅力あるユニークな靴作りをめざす同社のアイテムには、世界中に根強いファンがいる。

全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を。

Parabootの創始者レミー・リシャールポンヴェールは1919年アメリカ滞在から 1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国しました。この"ブーツ" は彼に、 ブラジルPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用し ラバーソールの靴を生産するというアイデアを与えました。 よって「Paraboot」は自社の靴に用いるソールをも自ら 製造する世界で唯一のシューズメーカーとなりました。 創業以来、変わらない魂と厳しい基準のもとに「Paraboot」は 造り続けられ、まもなく一世紀が経とうとしています。