JACOB COHËN ヤコブ コーエン

11 件中 11 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中

快適でエレガントで毎日穿きたくなるようなジーンズ

JACOB COHËN(ヤコブ コーエン)のパンツはテーラードの国イタリアのパンタロンを想像させる立体裁断とテーラーメイドで見事な美脚ラインを確立しており、職人技のアイロンワークにより腿の内側に余分なシワやたるみがでないため、脚が完全にスマートに見えます。ヤコブ コーエンはその独自性とこだわりを武器に、ブランドコンセプトを明確に打ち出し他とは異なる独創性を表現しています。ヤコブ コーエン(JACOB COHEN)はイタリアのデニムブランド。1985年にタト・バルデッレ(Tato Bardelle)がイタリア・パドヴァで創業。タト・バルデッレはヤコブ コーエンの創業前にすでにいくつかのブランドを設立して成功していました。2003年には息子のニコラ・バルデッレ(Nicola Bardelle)がヤコブ コーエンをデニムブランドとして再建します。インターナショナルな高級ショップにも扱われるようなラグジュアリーでクチュールライクなジーンズを作り出し、日本のデニム生地を使用し、「made in Italy」でテーラードジーンズを作ることをブランドコンセプトにしている。ニコラ・バルデッレは「快適でエレガントで毎日穿きたくなるようなジーンズを作っている」と述べています。現在イタリアのみならず、日本、アメリカ、ドイツ、オランダ、ベルギー、スペインなどでも展開。