"ホ"?PREMIATA WHITEとは一体どんな靴??

By 藤村 広輔

ブランドのコンセプトは”継続的実験”

まずPREMIATAとは、GRAZIANO MAZZA社のマッツァ一族によって、1885年に創業したイタリアのモンデグラナーロで生まれた歴史あるシューズファクトリーです。現在は四代目であるグラツィアーノ・マッツァ氏がデザインを手がけています。ブランドのコンセプトは”継続的実験”。いつの時代でも新しいものにチャレンジする精神で、その結果、生まれたデザインはどれも懐かしく斬新な物ばかり。


PREMIATAは大きく分けて3ラインで構成

【PREMIATA UOMO - プレミアータ ウォモ】

モードを追求した結果生まれた「ニュー・クラシック」がベースの革靴。ニュークラシックとはクラシック × モードの事を指します。グラツィアーノ・マッツァ氏を代表とする他4人のデザイナー陣を中心に、クラシックをベースに様々なアイデアを練り込み、永続性のある、一過性では終わらない物を作り続けています。クラシックなデザインに飽きた方に是非ともお試しいただきたいシューズです。


【PREMIATA DONNA - プレミアータ ドンナ】

上記革靴のレディースライン。革新的なデザインが多く、見るものを魅了するシューズばかり。一癖も二癖もある中毒性があるデザインは、世界中の女性を魅了して止みません。


【PREMIATA WHITE - プレミアータホワイト】

店頭にディスプレイすることで、たくさんの方が足を止め、吸い込まれるように店内へ。人々を引き寄せる理由の一つが、サイドにあしらわれたカタカナの”ホ”に似たロゴ。実はこのロゴ、ディレクター兼デザイナーである”グラツィアーノ・マッツァ氏”が、夢に出てきたユニオンジャックをアレンジしたモノなのです。ですので、決してカタカナのホではございません笑。ソールのデザインも大変個性的で、"483"や"AIR FORCE"などという数字や文字も、夢に出てきたものを具現化しているとのこと。

先に説明させていただいたとおり、原点は”ニュー・クラシック”にあり、基はモード。ウォッシュがかかったその風貌は、一見カジュアルにも見えますが、そこはコンセプトでもある”継続的実験”からなる仕様。毎シーズン、同じモデルであったとしても、加工の強弱がついている秘密はそのコダワリにもあるわけです。


デザインもさることながら、履き心地がこの上なく極上

見て惹かれ、履いて虜になる。そして、二足三足と毎シーズン購入してリピーターになる。ヘビーユーザー様だとワンシーズンに何足もまとめ買い。このような方が後を絶ちません。その最大の要因はやはり”履き心地の良さ”。これに尽きます。


履けば履くほど馴染むレザーライニング

あまり大きな声では言えませんが、実はこのプレミアータホワイトを手掛けるGRAZIANO MAZZA社では、”PRADA - プラダ”などのビッグメゾンも手がけています。この事実だけでも確かなモノ造りをするシューズファクトリーだと裏付ける理由にもなりますが、それよりも重要なのは、歴史あるシューズファクトリーである点。革靴を手掛けるシューズファクトリーだからこその履き心地の良さ。スニーカーに活かせられる革靴製法のノウハウが惜しげもなく注ぎ込まれています。


主要雑誌に毎月掲載!話題性も抜群!

LEONなどの主要雑誌で見ない月は無いと言っても過言ではないほど。特にこの17年春夏からの露出が一気に増え、雑誌を見ての問い合わせが非常に多いのも、同ブランドの特徴。

さらには9月。イタリアにて行われました靴、鞄の見本市”MICAM - ミカム”の会場でも、多くの人がPREMIATA WHITEを履いていました。これが一つの目安となり、来シーズンどのようなブランドやデザインが流行るのか判断出来るわけです。


今後も益々目が離せ無いスニーカーブランド!

いかがでしたでしょうか?若干詰め込みすぎましたが、これでも簡潔にまとめたつもりです笑。様々なスニーカーブランドが生き残りをかけた今、18SSに留まらず、18AWもこのPREMIATA WHITEの波は一向に収まる気配なし。むしろ今よりも益々高く大きな波になるかと思います。今後もますます目が離せないシューズブランドです。

金沢FORUS Timone店イベントのお知らせ☆

いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。只今、Winter Fairと致しまして金沢FORUSにありますTimone PER BEKKU店ではとってもお得なフェアを開催しております。各ブランドからの...

笹掛 祐樹 ブログ

悪天候の足元は”パラブーツ”でキマり

革靴好きの方にはイヤな季節になってまいりました。天候が変わりやすいこの季節になると、レザーソールなんてもっての外。とは言え、スニーカーは苦手…。このような方、非常に多いと思います。更に欲を言えば、ドレ...

藤村 広輔 ブログ